愛猫アントニオとの毎日を徒然なるままにかいたほのぼの日記です。


by kazueeeeeeek

治療の終わり

c0125532_2211311.jpg


昨日はいつもの診察日でした。
一人で帰宅した夫。
話によると、前から様子見していた赤血球の数値が良くなくて
夕方まで輸血をするとのこと。
そして最後に「抗がん剤の治療はもう終わった」

最近は治療の効果も上がらず、もう限界との判断がでたんでしょう。

いつかこういう日がくるんだろうとは思っていました。

でも最近は、元気はないものの通院が減っていたし
のんびりピザなんて焼いたりして、、、

突然のことで驚きましたが覚悟していたこと。

先のことを考えると恐ろしいけど
これでずっとおうちにいれるね、
もし胸水になっても、チョロっといってチョロっと帰ってこれるから
よかったね、って前向きに考えるようにしていました。



そして昨日の夜。
胸水になってるかも、と夫。

そして翌日の今日、水を抜きにいきました。

管を刺して2週間、ジャンプできなくなって
元気もなくなってぐったりしてるけど
そのかわり入院しなくて済むね、麻酔しなくて済むね、
管を刺した甲斐がでたね、すぐ帰ってこれるよって
話してたんです。

そしたら、今日も夫が一人で帰宅!!

なんとずっと刺していた管が細すぎて?
水が抜けないからもっと太い?管でやりなおし、
今回はとりあえず今までどおり麻酔で抜くから
夕方まで預かりますだって!!!


はぁーーーーーーーー??!!


わけがわかんないっすけどーーー!!!

おたくは素人ですか?
管を刺したの初めてなんですか??

2週間辛い思いしたのは、すぐに帰れるからだったのにやりなおし??

開いた口がぽかーーーーんですよ。


結局夕方に無事に帰ってきましたが
いつもは帰宅するなりキャリーから飛び出して
ごはんくれー!お水のませろー!だったのに

今日はキャリーからでる元気もなく
しばらくそのままでぐったり(写真)

でてきてもごはんの催促もお水の催促もなく
(どっちにしろ今日はごはん食べれませんが)
寝室でぐったり。。。

お水を飲みたそうにしてるのに飲めないのでスポイトであげています。


いつもはわたしが撫でると、すぐぷいっとしたりするのに
さっき撫でにいくとすぐに喉をゴロゴロ鳴らして
立ち上がってスリスリしてきたんです。

よっぽど辛いようです。

アンの2週間を返してほしい。
大事な大事な時間なのに。


抗がん剤の治療はできないし、
悲しすぎるけどこれから元気になることはきっとないでしょう。

でもあまり悲嘆しすぎず、アンと過ごしていきたいと思ってます。


ブログの更新はゆっくりペースになるかもしれませんが、
これからも続けますね。


これから季節の移り変わり、
体調を崩しやすくなりますが
皆様もご自愛くださいね。
[PR]
by kazueeeeeeek | 2011-09-22 22:11 | 猫の病気