愛猫アントニオとの毎日を徒然なるままにかいたほのぼの日記です。


by kazueeeeeeek

カテゴリ:今日のアントニオ( 956 )

<注!!>今日もアンの亡がらを載せています。
苦手な方はご遠慮ください。。。


今日、アンこはお空に帰りました。
(わたしたちは、普段アンこちゃんとよんでいました)

ペット火葬の業者さんに昨日連絡していて、
今日の朝10時からお願いしていました。
朝もはよから支度をして、お別れをして
病院からもらっていた棺に大事なアンこを寝かせました。

お手紙と、カリカリとかつおぶし、
そして最後にお花できれいに飾ってあげました。
c0125532_22273123.jpg


おしゃれなアンこにふさわしくカラフルに、
きれいなお花の中ですやすや眠るアンこは天使のように見えました。
c0125532_2228838.jpg


業者さんに到着すると、まず仏式でお葬式セレモニー
をあげてくださいました。

これがまた泣けた・・・・・

今までのさまざまなこと、楽しかったことが次々に思い出されてしまって。

そしていよいよ火葬へ。

今度こそ最後のお別れをして、泣く泣くお預けしました。

火葬の機械は外にとめてあるトラックに積んであって
しばらくはそこから動けなくて立ち尽くしていると
ウィーンという音が聞こえてきました。

そのときの空。
c0125532_22295379.jpg

残念ながらくもり空。

もうその場にはいられなくて、1時間くらいかかるということだったので
近くの室見川沿いを家族3人で散歩しました。

時間をつぶして戻ると、無事に終っていて
収骨をさせていただきました。

付き添いのスタッフの方がご丁寧に、
「これはのど仏です、ここから見ると
まるで仏様のようですね、だからのど仏っていうんですよ」とか
これは足の骨です、アントニオちゃんは足が長くて
スタイルがよい猫ちゃんだったんですね、とか
これはしっぽの骨です、これは爪の骨です、と
一つ一つ解説してくださり、
哀悼の言葉をたくさんいただきました。

ほとんど全部を骨壺に納め、最後に小さな小さな爪の骨を2つずつ、
サービスのキーホルダーの中に納めていただき、持ち帰ることができました!

持ち帰っても成仏できますか?と聞いたら
このくらいだったら大丈夫ですよ、
これでずっといつでも一緒にいれますね、と言っていただき
ありがたく持ち帰ることができました!

大事に大事に骨壺を抱えて帰宅。

いやーこの瞬間は辛かったです。。。

今までアンこが家にいないことなんてなかったから。

入院したことは何回もあって、アンこの不在には少し慣れていたのに
思っていた以上に辛かった。

アンが使っていたソファやキャットタワーや食器や
トイレや、食べかけのごはんや何もかもがそのままで。

ただアンこだけがいないんです。
病院にもいないんです。

いっしょに暮らしていた家族が亡くなる経験が今までなかったので
この現実に直面して、愕然としてしまいました。

家のどこを見てもアンこのことを思い出します。

ソファの上、背もたれの上、食器棚の上、冷蔵庫の上、
ベランダ、洗面台、ベッド、クローゼット、タオルの部屋、
お風呂だって夫といっしょに入ったり、
おとといはトイレにもいっしょに入っていました。

まるで山崎まさよしさんの歌みたい。
いつでも探しているよ、どこかで君の姿を〜♪
まさにこの状況です。

夫も同じで、思わずトイレチェックしてしまったって。

火葬をしたら気持ちの整理が少しはつくかと思っていたのに
全然逆で、今日帰宅してからはどんどん悲しさが増してしまいました。

しばらくぼんやりとして、よくよく考えたら
私たちがこんなに悲しんでいたら、アンこが心配して
天国にいく道が分からなくなるかもしれない、
心配で成仏できないかもしれない、
それにアンはこの3ヶ月ほんとーーーに辛い思いをしてきたので
やっと苦しみから解放されたことを前向きに考えていきたいと
思えるようになりました。


ほんとに辛かっただろうな。。。

夫によると、
病気するまでのおしっこは黄色いシミだったのに
(砂ではなく、ペットシーツを使っています)
ここ最近はまっ茶っ茶のシミだったそうです。。。

それに昨日アンが病院で眠りについた後
先生からこんなお話をいただきました

「おなかが(腫瘍で)こんなにパンパンになってしまって・・・
ほんとに辛かったと思いますよ。
子猫の頃から注射をするたびにシャァ!!って元気がよかったのに
最近は注射しても何をしてもシャァ!!って言わなくなってたもんね・・・
あのシャァ!が聞けなくなると思うとさみしいですね。。

ここまでよく(命が)もったと思いますよ。
お父さん、よく頑張りましたもんね。
だからここまでもったんですよ。
アントニオはほんとによく頑張りましたよ。
今日はたくさん褒めてあげてくださいね。

丸3日飲まず食わずだったから、お腹すいてるでしょうね。
今日帰ったら、好きなごはんやおやつをいれてあげて
あちらにいっても困る事がないように、お弁当をもたせてあげてくださいね」

生後8ヶ月からお世話になった獣医の先生、
最後は玄関まで見送ってくださって、わたしたちは病院をあとにしました。


今はまだ悲しくて、なかなか病気以前の写真や記事を見る事ができません。
チラっとみたら、すごく丸々としているんですよね。

いや、アンこはスリムなほうだったからけっして太っているわけではないんだけど
ここ数ヶ月はガリガリで、特にここ数週間は骨に皮が張り付いている状態で
撫でるとごつごつしているのが当たり前で、
関節まで透けてみえるんじゃないかっていうくらい痩せてしまって
険しい表情のアンこを見慣れてしまっているから

病気する前の丸々として、ゆったりと丸くなっているアンこをみたら
まるで別人のようだと思ってしまうのです。

それがその時は当たり前だったのに。

生きてるのって当たり前のことじゃないんですね。

大事なアンこが死んでしまって悲しいけど、
じゃあ死なないペットを飼ってみるとしたら
ゲームの中かロボットか、、、
そんなのつまんない!

命に期限があるからこそ一日一日が大切で
こんなに愛があふれてくるんだと思いました。
c0125532_22303064.jpg


追伸:こんなくらーい内容に記事なのにご訪問いただいて
ありがとうございます。

アンこがこの世に存在したことを一人でも多くの方に
知っていただきたいので、とってもうれしく思います。


☆〜☆ブログランキングに参加しています☆〜☆
↓クリックで応援お願いします♪

[PR]
by kazueeeeeeek | 2011-09-26 22:24 | 今日のアントニオ

最後のとき

(記録したいので、何回かにわけて更新しています。
前回の続きです)

<注!!>最後にアンの穏やかな寝顔を載せています。
もし苦手な方がいたらご遠慮ください。。。

病院へは2時前に出発しました。
最後は抱っこをし、キャリーにいれました。
もう抵抗することもいっさいありません。
すべてされるがままです。

病院へ到着。

最初に会計をすませ、火葬などの業者さんのパンフをもらいました。

ずっとお世話になった先生がでてきて、
「ほんとによろしいですか?
ご家族と話し合われましたか?」と最終確認。

はい、と答えると
「ではまず、血管の確保をしますのでお預かりします。
それまで待合室でお待ちくださいね」

数分でアンが帰ってきました。
「では最後のお別れをしてくださいね。
心の準備ができたらよんでください」

私たちは一刻も早く楽にしてあげたかったので
「もう大丈夫です。お願いします」

いつもの診察室にはいって手順の説明。
「まず麻酔で眠ってもらいます。
麻酔をいれると、数秒で眠ってしまいます。
その直後、お薬をいれて心臓をとめます。
ほんとにあっというまのことで、
アントニオちゃんは痛くも苦しくもありません。
眠っている間にすぐ終ります。
・・・最後に聞きますが、本当によろしいですか?」

はい、と答え
おとーさんに抱っこしてもらい、安らかに眠りにつきました。


竹林アントニオ 9月25日 14:13永眠
享年9歳
c0125532_18474278.jpg



3日間まったく食べれず、きっと眠れなかった。
今ぐっすりと眠って、
ごはんもたくさん食べていることでしょう。


今日は本当にしんどそうでした。
アンのあんなきつそうな顔、みたことなかった。

急な話だったけど、今日安楽死を選択してよかった。
色々な考えがあって当然だけど、
わたしたちは最善の選択をしたと自負しています。

こんな辛い記事なのに、毎日訪問してくださる方が
10数名いらっしゃいました。
ありがとうございました。

特に、、、毎日コメントを残してくださったdoriichibiさん、
maquioさん、本当にありがとうございました。

きっと人ごとながらも辛い思いをさせてしまったと思います。
コメントも言葉を選びながら、難しい時もたくさんあったと
思います。

でも同じペットを家族として愛する方から
温かい言葉をたくさんいただいて、毎日心強かったです!!

心から御礼を申し上げます。


涙はもう出尽くしました。
亡がらを撫で、匂いを嗅ぎ
「なんで匂いは残せないんだろう?」なんて
わけのわからないことをずっと考えています。

撫でていると、不思議なことにゴロゴロと聞こえてくるんですよ。

肉球なんてもみもみもみし放題です。
今にもシャァ!!って起きてくるんじゃないかと思います。

わたしも夫も頭からっぽ、心もからっぽ、
それでも明日からまた新しい一日が始まります。

今後の予定は、、、
明日火葬にいって遺骨となって帰ってきます。

その後、落ち着いたら散骨をします。

このブログは、いちおう散骨まで続けたいと思っています。

明日からも、きっとたーーーくさん思う事感じた事
今日はまだ頭がごちゃごちゃで書ききれません。

残りを整理しながら続けていこうと思ってます。

今日はとりあえずこれで更新最後です。

☆〜☆ブログランキングに参加しています☆〜☆
↓クリックで応援お願いします♪

[PR]
by kazueeeeeeek | 2011-09-25 18:55 | 今日のアントニオ

小さな命を抱きしめて

(記録したいので、何回かにわけて更新しています。
前回の続きです)

今日の朝はこんな感じ。
c0125532_1829413.jpg

気持ちのよい秋晴れ。

アンの旅立ちにふわさしい天気。
よかったです。


洗面所の床にじーっとうずくまったままのアントニオ。
c0125532_18295977.jpg


お水が飲みたいのかと思って洗面台へ上げましたが
口をつけようとしても身体が動いていない様子。

スポイトで何回かにわけてあげました。

そのまま洗面台の上でじーーーーーっと。

その後、何とか自分で蛇口に口をつけて飲めましたが
よろよろしていて、お顔にお水がかかってしまいました。

いつもだったら嫌そうにするはずだけど、
そんなことおかまいなし、気にする余裕もなさそうでした。

体勢を変えようとしても、身体が痛むのか
すぐにもとの体勢に戻ります。
くつろいでいる様子はまったくありません。

表情は険しく、目にも生気がなくて・・・
呼吸も荒くて。

昨日!!たった1日前までベランダで日光浴したり
わたしが授乳していたりテーブルに座っていると
なんと足下にすりよってきて「おれも撫でろ」って
言ってるようなそぶりをしていたとは思えません。

たった1日でこんなに衰弱してしまうなんて・・・

お水も飲めず、ごはんもまったく食べれず、
夜も眠れていないのでは・・・

ずっとわたしが目を覚ましていちばんに
アンの様子を覗きに寝室までいきましたが
ここ数日、ぐっすり寝ていることはありませんでした。

あまりにきつそうなので、抱っこするのも憚られましたが
お昼を過ぎてリビングへ移動させ、ソファに寝かせました。
c0125532_18282271.jpg

(↑病院へ出発する1時間前のアントニオ)

そのとき、ついでなのでまた写真を撮ってみたり
c0125532_18291226.jpg

c0125532_18285151.jpg


「抱っこするのはこれが最後かもしれない」
「これが最後の写真になるのかもしれない」
常にそんな思いがつきまとい、悲しくて悲しくて悲しくて。

今まで何千回と抱っこをしてきて、
写真も何千回も撮ってきて、
とうとう最後の時がきてしまうなんて。

まさか最後の日がくるなんて。

家猫だもん、16歳くらいまで生きれるかなって思ってました。
ちょっとでも心配なことがあれば、すぐに病院に連れていってました。

今週だって火曜日までは元気はないけれど
普通に寝てごはんも少しですが食べれていたんです。

あまりにも突然でした。


今朝までは撫でると、ゴロゴロいいながらも
今まで聞いた事のないような切ないような苦しいような泣き声で
私たちのよびかけに一生懸命応えてくれていましたが、
午後ソファに移動させてからは、もう意識もうろうで
何も応えてくれなくなりました。
ゴロゴロも聞こえてきませんでした。







☆〜☆ブログランキングに参加しています☆〜☆
↓クリックで応援お願いします♪

[PR]
by kazueeeeeeek | 2011-09-25 18:37 | 今日のアントニオ

最後の夜

昨日はアントニオが迎える最後の夜でした。

しばらくリビングでまったりしていましたが
8時くらいから、洗面所の「タオルの部屋」へ引きこもり。
c0125532_18145581.jpg


アンの顔を見ながら過ごしたくて、
わたしはこのタオルの部屋の前に椅子を持ち込み
ただただその小さな可愛い顔を眺めながら過ごしました。

わたしが寝た後、夫は自分のベッドへ連れて行き
いっしょに寝ようとしたみたいですが
c0125532_18143177.jpg

しばらくするとどこかへいってしまったようです。
↑なんか子猫みたいな表情してますね。可愛い。

朝わたしが目を覚ますと、珍しいことに
廊下のど真ん中で横になっていました。

あんなにはしっこの窮屈なところ、
何かが敷いてあるところが好きなのに。

思えば、この時からますます急激に弱っていったのかもしれません。

それからはよぼよぼと洗面所まで歩いていき、
ここでまたしばらくの間じっとしていました。
c0125532_18164080.jpg


☆〜☆ブログランキングに参加しています☆〜☆
↓クリックで応援お願いします♪

[PR]
by kazueeeeeeek | 2011-09-25 18:18 | 今日のアントニオ

洗面所にて

朝の水分補給、終りました〜☆
c0125532_15323651.jpg

ずいぶん痩せてしまったけど、
お目目のクリクリが強調されて、これもまた可愛いです♪
c0125532_15321229.jpg


☆〜☆ブログランキングに参加しています☆〜☆
↓クリックで応援お願いします♪

[PR]
by kazueeeeeeek | 2011-09-19 15:31 | 今日のアントニオ

最近のブーム

今まではめったにしなかったのに、最近はまってること。

それは、洗面所でお水を飲むこと!

c0125532_142168.jpg


いちおう、お皿にもお水をいれてるんですけど
なぜかこれが気に入ったみたいで
たまに洗面所で待機しています(^^)

新鮮なお水の方がおいしいのかな・・・?


ま、洗面所でも何でもたくさんお水をのんで
熱中症にならないようにしないといけませんね!
[PR]
by kazueeeeeeek | 2011-08-11 14:02 | 今日のアントニオ

記念写真

直輝が昼間寝る場所として借りていたスウィングベッドを
とうとう明日返すことになりました。

身体がずいぶん大きくなって、
サイズアウトしてしまったのです。

というわけで、最後に記念写真を撮りました。
c0125532_18545442.jpg


撮った写真をチェックしていると、
なんと夫が昨日の夜、こんなものを撮っていました(^^)
c0125532_1855968.jpg


ちなみに、、、アンと直輝の距離はいまだ近づかず。
あ、でも最初に比べると、少し気にするようになったのか
チラ見したりしています(アンが)。

今日も授乳しているところを、斜め後ろから凝視していました(笑)

いっぽう直輝は、その存在にまったく気付いてないようです。

☆〜☆ブログランキングに参加しています☆〜☆
↓クリックで応援お願いします♪

[PR]
by kazueeeeeeek | 2011-05-26 18:58 | 今日のアントニオ

記念すべき初対面

1ヶ月半以上前のこと。

出産後、退院した2月24日、
里帰りに向けて荷物を整理するべく
赤ちゃんを連れていったん自宅に戻りました。

その時に貴重な2ショット。
アンと息子のごたいめーんです。
c0125532_17231654.jpg


アンの抜け毛を心配してベビーベッドに蚊帳をつけましたが
結局昼間はみんなリビングで過ごしているし
けっきょく使っておりません。

アンもいたずらするでもなく、自分のペースで生活してます。

子猫だったらやきもちやいたのかな・・・?

それはもう8才の大人、、、というかアダルトですもん。
大人の余裕です(^^)

☆〜☆ブログランキングに参加しています☆〜☆
↓クリックで応援お願いします♪

[PR]
by kazueeeeeeek | 2011-04-09 17:25 | 今日のアントニオ

お猿の親子

おとーさんがソファでうたた寝をしていると、
アントニオがすかさずお腹の上に飛び乗って
すごく満足そうにしていました。
c0125532_1054488.jpg


4キロくらいあるので、苦しいとは思うんですが
おとーさんは特にはねのけるわけでもなく
このまま寝てしまいました。

夜中も、冬は寒いのでお布団に入り込んできますが
夏の暑いときは、こうやって寝ている事も多々あります。

わたしも何回かされたことがありますが、
とてもこのまま寝れる状況ではありません!(重くって)

おとーさんに聞いてみると、上に乗られても特に気付かないみたい。


動物園にいくと、よくお猿さんが小さな子どもをおんぶしてますよね。
あの光景を思い出しちゃいました(^^)



☆〜☆ブログランキングに参加しています☆〜☆
↓クリックで応援お願いします♪

[PR]
by kazueeeeeeek | 2011-02-18 10:57 | 今日のアントニオ

どこでもお昼寝

おとーさんが自分の部屋で仕事を始めると
アンも後ろをとことことついていきます。

ちゃんと殿専用ソファもおいてあるので
仕事をしてるおとーさんを横目に昼寝をしてるみたいですよ。
c0125532_10543195.jpg


いいご身分ですこと♪

☆〜☆ブログランキングに参加しています☆〜☆
↓クリックで応援お願いします♪

[PR]
by kazueeeeeeek | 2011-02-17 10:55 | 今日のアントニオ