愛猫アントニオとの毎日を徒然なるままにかいたほのぼの日記です。


by kazueeeeeeek

後悔してること。その1

5日経過。
亡くなった日や火葬した日のような激しい悲しみは消えてきたけど
ふとしたときに、ものすっごくかなしーーーくなります。

今日はアンの使っていた毛布や敷物関係を整理しました。
中にはまだじんわりとにおいが残っていたり
毛がたくさんついていたり、
闘病中ずーーっと使っていたものもあり
おしっこのにおいがついているものもあり。。。

とりあえずチャックつきの密閉袋にまとめていれて
においが消えないように祈りました。

たとえにおいは消えても、毛は消えないでしょう。

毛といえば、アンがいなくなってから
部屋の汚れが1/3くらいになりました。

今から毛が生え変わる季節なんだろうな。
きっと生きてたら部屋が毛だらけに・・・
それでもぜんぜんよかったのに。


タイトルの後悔してること、ですが・・・

2つあって、
1つは、抱っこした時に軽いな~って思ってたのに
体重を計らなかったこと。
日に日に重くなっていく息子と比べているから
軽く感じてるんだろうって思っていました。

思えば、5月くらいからお皿の中のカリカリが
ほとんど減っていないことにも気づいていました。

毎朝、あれ?って思ったけど
家族が増えて環境が変わったからストレスなのかな
申し訳ないなってくらいにしか考えてなかった。

ごめんね。

でも夫と話してたんです。

もし、もっと早く気づいて病院につれていけば
どうなってたかな?って。

動物は病気を隠すのがうまいそうですね。
たいていの場合は、家族が異変に気づいて診察を受けるころには
手遅れのことが多いそうです。

そう考えると、もし診察受けるのがもう少し早かったとしても
結局寿命は変えられなかったんじゃないかって。

それどころか、その分通院回数が増えて
つらい思いをさせてたかもしれないって。


そう考えることで、自分たちを正当化してるのかもしれないけど。

でもきっと、完治はできなかったんじゃないかなぁ・・・


やっぱり病気になったのはアンの運命、
9歳2ヶ月しか生きれないって最初から決まってたのかな。

そんなことぜんぜん知らなかったよ。


こわいですね。大事な人を失うのがほんとにこわい。


明日は土曜日ですね。
今週はずっと「先週の今頃は・・・」って思い出しながら過ごしました。
週が変わったら「先々週の今頃は・・・」になるのかな。

いやいや、あまり悲しみすぎたらアンに心配かけてしまう!


もうひとつ後悔してることがあるので、また更新します。


追伸:なぜこんなに更新してるかというと、、、
どうもこのエキサイトブログは、製本できるそうなんです!
(ほかのブログサービスでもできるのかな?)

なので、いつか気持ちの整理がついてブログを終了した後
製本して、アンの生きた証として形にして残そうと思っています。


☆〜☆ブログランキングに参加しています☆〜☆
↓クリックで応援お願いします♪

[PR]
by kazueeeeeeek | 2011-09-30 22:25 | 眠りについた後